木下みりんの行政書士一発合格ブログ

法律初心者の私が一年間の勉強で行政書士試験に一発合格した経験をお話できればと思います。

資格の大原 行政書士入門合格コースのよかった点


f:id:kinoshita-mirin:20191105133656j:image

①カリキュラム

大手だけあって、学習スケジュールを組むのがうまいと思いました。忙しい社会人にとって、自分で勉強スケジュールを組まなくてよい点は大きなメリットです。
土曜日の講義だけで、憲法、一般知識、民法行政法、商法会社法、重要科目演習、記述演習、試験委員会対策までカバーするカリキュラムはさすがでした。

個人的に民法は少し早い印象を受けましたが、一年間で全単元終わらせるならある程度のスピードは要求されますし、だらだらやると前勉強した範囲を忘れてしまうことも考えられるため、今振り返ると適切なスピードだったかと思います。

 

②小テスト、確認テスト

通学していると、節目で小テストや確認テストがあります。
小テストの実施の有無はクラスによりますが、確認テストは、各単元終了後に、全国の大原で実施され、全国順位と偏差値がでます。
自分の理解度を確認するよい機会になりますし、何よりテストに向けて勉強するので、勉強癖がつきます。
行政書士の試験範囲は膨大です。範囲の限られている小テスト・確認テストの勉強すらできない方に、合格は難しいと思います。
うまく利用して勉強癖を付けましょう。

 

③講義映像

講義を受けていると、聞き逃したり、理解が及ばずもう一度聞きたいとき、ありませんか。
資格の大原は、講義後、講義映像がウェブ上に公開されます。
インターネット環境と資格の大原専用のアカウントがあれば視聴できるので、もしものときも安心です。
私は二回ほど利用しました。
(一回目は民法表見代理が理解できなかったため、二回目は講義中私用で15分ほど席を外したところの穴埋めのため)
ただ、注意していただきたいのは、講義映像があるから教室での講義は話半分の理解でいい、とは思わないことです。
講義映像はあくまで、講義がどうしてもわからなかったり、訳あって講義に参加できなかったときのためのものです。
教室で講義を受けたあと、講義映像をのんびりみるくらいなら、その時間を問題集を解く時間に当てた方が有意義です。

 

まとめ

よかった点は以下3点です。

①カリキュラム
(自分で学習スケジュールたてなくてよい)
②小テスト、確認テスト
(嫌でも勉強癖がつく)
③講義映像
(万が一のための保険。頼りすぎに注意)