木下みりんの行政書士一発合格ブログ

法律初心者の私が一年間の勉強で行政書士試験に一発合格した経験をお話できればと思います。

教育訓練給付金を申請しましょう


f:id:kinoshita-mirin:20191104161731j:image

教育訓練給付制度をご存知でしょうか。
働く人を対象に、一定の条件を満たすと、ハローワークで申請することで塾や通信教育費用の一部を国が負担してくれる制度です。


恥ずかしながら、私は大原に入学してしばらくするまで、この制度を知りませんでした。
知ったきっかけは、教室で、50歳くらいの受講生が講師の方に、「教育訓練給付金の申請をしたいが、確認テストで一定の成績をとれなかったので証明書を発行してもらえない。救済措置はないか。」という相談を耳にしたことです。
これを聞いた私は、確認テストで毎回9割は点数をとっていたため、もしかしたら申請できるのではと思い、確認しました。

しかし、残念ながら私は対象外でした。


ざっくりいうと、以下3点を満たしていないと申請できないんですね。


雇用保険に一定期間加入
②塾のコースが教育訓練給付金の対象
③修了証をもらうための一定の成績


私の場合、②が満たされていませんでした。
②は入学時期や講義の回数を踏まえて、塾側であらかじめ設定しています。
私は入学するときスルーしてしまいましたが、ちゃんと入学パンフレットに、教育訓練給付金の対象か否か記載されています。これから入学を検討している方は、ぜひチェックしてください。

ちなみに上記の50歳くらいのおじさんは、③が足りなかったようです。
ただ、③については、塾によっては救済措置があります。例えば、定期テストで点数がとれなくても後日再テストを実施してくれたり、一定の教材をこなすことで修了証を発行してくれることがあるので、詳細は塾に確認してみてください。

 

余談ですが、私は今年、宅地建物取引士の勉強を、通信教育の教材を使って行いました。
この通信教育は教育訓練給付金の対象だったので、忘れずに申請しましたよ。
これについては別途記載します。