木下みりんの行政書士一発合格ブログ

法律初心者の私が一年間の勉強で行政書士試験に一発合格した経験をお話できればと思います。

宅建合格しました!


f:id:kinoshita-mirin:20191211131357j:image

先週合格発表があり、無事、宅建合格しました。

ボーダー35点だったんですね。

自己採点42点だったので大丈夫だろうと思ってはいましたが、一安心です。

 

宅建フォーサイトの通信教育で勉強しました。

フォーサイトの通信教育については、別途お話しできたらと思います。

 

来年は何の勉強をしようかな!

教育訓練給付金の申請方法②


f:id:kinoshita-mirin:20191123202337j:image

前回の記事で郵送による申請が可能であることが確認できました。
今回は郵送する書類について触れたいと思います。

 

ハローワークのホームページに必要な書類が記載されています。これは、窓口で申請するときに持参するものです。

抜粋すると以下です。

教育訓練給付金支給申請書
②教育訓練修了証明書
③領収書
④キャリアコンサルティングの費用に係る領収書等
⑤本人・住所確認書類
⑥返還金明細書
⑦払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード
⑧教育訓練経費等確認書

 

私が送ったもの

電話で確認し、以下のものを送ればOKとのことでした。

■①②③
フォーサイト(宅建の通信教育業者)から受領。①は自身で記入する箇所あり。②③は受領したものをそのまま送付。

■⑤
→運転免許証(両面)のコピー。

■⑦
→キャッシュカードのコピー。

■⑨雇用保険被保険者証のコピー。

→ホームページには必要書類にあがっていませんでしたが必要とのこと。

■⑩郵送による申請理由を書いた書類

→フォーマットは任意。私はワードで作りました。以下三点を記載。

表題:郵送による申請理由

内容:日中帯勤務の為ハローワークに出向けない為

末尾:氏名捺印住所

 

(※私の場合④⑥は不要。)

 

ちなみに⑧は、上記を送ったあとにハローワークから送られてきました。
そもそも⑧はハローワークから受領するものですが、電話で問い合わせしたとき、⑧の説明を受けなかったんですね。
そして私も存在を見落としていました。

 

つまり、私の場合、流れは以下でした。

ハローワークへ①②③⑤⑦⑨⑩送付
ハローワークから⑧受領
→⑧記入後、ハローワークへ⑧送付
ハローワークから支給決定通知証受領

 

事前にハローワークから⑧を受領できれば、こちらからの送付は一度で済むはずなので、これから申請する方は参考にしてみてください。

必要な書面をすべて送付すればあとは審査を待つだけです。
私は申請から1ヶ月足らずで通知書がきましたよ。

 

申請方法については以上になります。
申請は少し面倒な作業ですが、せっかく受給資格を持っているのに利用しないのは勿体ないです。
上手に利用しましょう!

教育訓練給付金の申請方法①


f:id:kinoshita-mirin:20191115174644j:image

先日、10月末に申請していた、宅建の通信教育に関する教育訓練給付金の審査が通りました。

通信教育費用の2割程度返ってきます。嬉しいです!
今回は、備忘録かねて、申請から審査通過までの手続きについて触れたいと思います。
ちなみに、教育訓練給付金の概要と受給条件は以下記事で少し触れているので興味がある方は以下をご覧ください。

www.kinoshita-mirin.com

Q:平日ハローワークへ行かなければいけないの?

ハローワークのホームページを確認すると、教育訓練給付金の申請は、平日の営業時間に窓口で申請するようにとのこと。
教育訓練給付金を申請する多くの人(もちろん私も)は平日日中帯働いているため、厳しいのではないでしょうか。
年休をとって出向くのは気が進まなかったので、郵送OKか最寄りのハローワークに電話で確認しました。

 

A:郵送OK

私が確認したハローワークでは、郵送OKとのことでした。よかった!
ただ、ハローワークによっては郵送NGのところもあるかもしれないので、郵送前に最寄りのハローワークに電話確認することをおすすめします。

次回は、必要書類について触れたいと思います。
直接出向く場合と郵送の場合で少し異なったのでそのあたりを記載したいと思います。
(電話越しで、郵送申請するにあたり必要な書類の確認もしてもらいました。)

行政書士試験おつかれさまでした

f:id:kinoshita-mirin:20191110142248j:plain

 

世間は即位パレードですが、本日は令和最初の行政書士試験でしたね。

news.yahoo.co.jp

昨年の試験からもう一年、早いものです。

昨年、ドキドキしながら会場に行きました。お昼用に買ったコンビニのおにぎり、半分しか喉を通りませんでした。

が、試験本番は不思議と落ち着いて試験に臨めました。

そして、試験後の答え合わせの時、再びドキドキしました。

試験本番以外ドキドキしっぱなし。笑

  

試験を受けた方々、お疲れ様でした。

各通学塾から解答速報が流れていると思います。

ある程度自己採点できるまで落ち着かないと思いますが、今日は頑張った自分へのご褒美として好きなものでも食べてゆっくり休んでくださいね。

本日のニュース(地方自治法関連)_2019.11.9


f:id:kinoshita-mirin:20191109121848j:image

本日の産経ニュースで、大阪府島本町民が条例制定の直接請求をした件があがっていました。

www.sankei.com

これは行政書士試験の範囲ですね。

地方自治法の直接請求の一つで、条例の制定・改廃請求の流れは以下です。

①代表者が有権者の1/50以上の連署を市町村長に提出

②市町村長が20日以内に議会を招集し請求内容を付議

③市町村長が結果を代表者に報告

 

行政書士の勉強をすると、今までスルーしていたニュースにも目が行くようになります。

すべてを理解していなくても、知っている・聞いたことのあるキーワードがでてきたら、ぜひチェックしたいですね。

スマホアプリを利用して勉強のハードルを下げよう!



f:id:kinoshita-mirin:20191108135755j:image

スマホアプリのすすめ

勉強癖がついている社会人はどれだけいるでしょうか。

社会人経験が長いかたほど、机に向かって勉強する機会が少ない気がします。

私も最初は勉強を続けられずに、すぐにスマホをさわったり漫画に手がのびたりしていました。

しかし、行政書士試験の勉強は範囲が膨大です。継続して勉強しなければ、合格はできません。

そこで私は、スマホアプリでの勉強を始めました。

私は大原のアプリを使っていました(講義の進捗とリンクして進めるためです。)が、フリーの行政書士アプリでも構いません。

 

アプリのいいところ

アプリのいいところは、勉強を始めるハードルの低さにあります。
冊子だと、机に向かい、回答用の紙と鉛筆を用意し、問題集を広げる必要がありますよね。
その点アプリならボタン一つで始められます。すぐに始められると、一問にかける時間が短いので、より多くの問題を解くことができます。

 

注意点

民法の一部の内容はアプリ向きでないと思います。

暗記系の内容ならOKですが、例えば不動産物権変動や相続など、複数の登場人物がいる場合は紙に書いて解いた方が早いです。

 

資格の大原の場合

大原に入学すると、教科書と問題集の冊子がもらえます。
この問題集と同じ内容を、大原のアプリで解くことができます。
注意点としては、別記事で触れましたが、大原のアプリは単元毎に課金しなければならないことです。一単元、数百円だったと記憶しています。
私の場合、大原のアプリを一年間フル活用したので、必要経費だったと感じています。

 

最後に

スマホアプリは、勉強のハードルをさげるだけでなく、冊子に比べてより多くの問題を解くことができます。

 

上手く活用しながら、勉強を進めてください。

資格の大原 行政書士入門合格コースの改善してほしい点


f:id:kinoshita-mirin:20191105192658j:image

 

①アンケートが反映されにくい

教室で講義を受けていると、決まった時間にライン?の着信音がなる受講生がいました。
また、これは別の人ですが、講義が始まってから終わるまで寝息を立てて机にうつ伏せで寝ている受講生がいました。
上記のような受講生と同じ教室にいると士気が下がるので、大原のアンケートを通じて注意するよう要望したのですが最後まで改善されませんでした。
大原側からすると、客なので注意しにくい立場だったのかもしれません。しかし、真面目に受けている受講生と、迷惑行為をする受講生、どちらを優先すべきかは明白です。
今回の場合、少し気になる程度(それでも着信音や寝息が聞こえたらイラッとしましたが)だったのでスルーしていましたが、程度が酷かったら直接大原に抗議するところでした。

 

②大原の公式アプリが別料金

大原に入学するともらえる問題集と同じ内容を、大原の公式アプリで解くことができます。
ただし、このアプリは、入学金とは別に料金がかかります。
また、単元毎に数百円かかるので、フルで入れると1000円以上かかります。
他の塾では、塾の生徒は無料でアプリを解放しているところもあるので、大原アプリに別料金がかかる点はマイナスポイントかと思います。